2007年07月09日

ホントは怖い・料理の雑学

はい、やってきました「トリビアの風」。今回はおなじみバター&マーガリンです。これは一人暮らしの方にはぜひ知っておいて欲しいことですね。甘く見てると・・・。ではどうぞ。


「トリビアの風」 第八回 -バター&マーガリン-


バターとマーガリンの違い、それは動物性か植物性かということ。マーガリンの方が安価で柔らかいため使い勝手が良いが、味はバターに及ばない。というのも、バターは熱を加えられて溶けると風味が引き立つが、マーガリンは逆に風味が死んでしまうから。マーガリンの風味は人工的なものであることがこの理由である。

バターには様々な種類があり、低脂肪牛乳で造られる低脂肪バター、ピーナッツバターなどが有名。もっとも、このピーナッツバターは牛乳を全く含んでいないためバターではない。あくまでも外観の話である。

植物性であるマーガリンの方が健康にいいと言われてきた。ところが、最近になってマーガリンの含む問題点が指摘されてきている。バター・マーガリンは共に脂肪酸を多く含む。この脂肪酸には飽和脂肪酸と、不飽和脂肪酸がある。バターは前者、マーガリンは後者が主。また、不飽和脂肪酸はシス型・トランス型を持ち、マーガリンはトランス不飽和脂肪酸にあたる。トランス不飽和脂肪酸は血糖コレステロールを増加させ、多量に摂取すると心臓疾患などに繋がる恐れがある。ちなみにコレステロールが溜まりにくいシス型の不飽和脂肪酸を持つ代表は森のバター「アボカド」。

マーガリンの語源はギリシャ語の真珠。ファットスプレッドもマーガリンの中まで油脂が80未満のものを指している。
posted by JSKS at 20:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理・雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

手軽に作れるおしゃれな鮭料理!

今日の晩御飯は結構な自信作。簡単なのにすごく美味しいMyベストメニューです。

もともとは別のブログで教えてもらった料理なのですが、いろいろと改良を加えて自己流にアレンジしてあります。ぜひお試しくださいませ!

それではレシピをご紹介♪

1.玉ねぎを薄く切る。焼き時間が少ないので、熱くなってしまったらレンジを使うのも手。

2.フライパンでバターをとかす。その上に鮭の切り身を乗っける。形が崩れないように。後のために両面だけでなく、背や腹の部分も軽く焼く。

3.全体的に薄く焼き色が付いたら一度取り出す。代わりに玉ねぎを投入。残っているバターと鮭の油で焼く。

4.玉ねぎを焼いている間に鮭の骨を取り出す。皮もはぐ。鮭の皮は食べられるので、食べたい人は食べやすい大きさに刻んで一緒に焼くと良い。

5.玉ねぎと一緒に鮭を炒める。かき混ぜながら鮭をほぐしていく感じ。あらかたほぐしたら酒を入れて蓋をする。蒸し焼きにするイメージ。

6.玉ねぎの水分が飛んできたら火を消して醤油をたらす。

7.器に盛り付け、マヨネーズ、パセリで味付け。


慣れるとパッパと作れちゃいますよ。ご飯はあるのにおかずと時間がない。そんなときに自分はいつも作っています。どうか皆様の口に合いますように☆
ラベル:レシピ 料理
posted by JSKS at 20:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理・レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。