2007年07月26日

連続掲載!どんどん雑学を紹介します

今日はもういっちょ雑学をご紹介します。これでまた少しサボっても良いよね(マテ


「トリビアの風」 第十二回 -シーザーサラダ-


シーザーサラダはメキシコに住んでいたフランス人が開発したもの。一応はメキシコ料理になるんだと思う。その昔、アメリカでは禁酒法が制定されていた。そのため、アメリカ国境沿いにあるメキシコのバーは連日アメリカ人客でにぎわっていたと言う。そのとき余り物で作られたサラダがシーザーサラダの原点であった。その美味しさに驚いたアメリカ人が本国へ持ち帰ることとなる。

本来のシーザーサラダはロメインレタスを用いる。レタスに関する雑学は前項を参照のこと
ラベル:雑学 サラダ 料理
posted by JSKS at 16:13| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 料理・雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

料理で告白♪ハネムーンサラダって知ってます?

お待たせしました。ひさびさに展開、トリビアの風!

え、待ってない?まぁ待ってたことにしてください。

男性・女性、どちらでも使えるちょっとした雑学です。気になるあの人に手料理をご馳走。そこにレタスだけのサラダを加えてみてはいかがですか?


「トリビアの風」 第十二回 -レタス-


レタスはいわゆるレタスだけがレタスではない。あれはクスリプヘッド型というレタスの一種。その他にもロメインレタス、サニーレタス、サラダ菜、山くらげなどがレタスの仲間である。つまり球体だけがレタスではない。これらが何型というのかは忘れた(知らない)。とりあえずキク科、それは間違いない。

レタスは新鮮なものを包丁で切ると、中から白い液体が出てくる。これはコラーゲンの一種である。その姿がまるで牛乳のようであったことから、ラテン語で牛乳を意味する言葉がレタスの語源だと言われている。

レタスだけで作られたサラダの事をハネムーンサラダと言う。これは英語でレタスオンリー(lettuce only)となり、これがlet us onlyに聞こえることが理由。つまり異性にレタスだけのサラダを提供すると言うことは、隠れた意味をもたせることが可能なのである。その意味とは、言わずもがな。このトリビアを使える日が待ち遠しい。
ラベル:レタス 雑学 料理
posted by JSKS at 16:10| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理・雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ひさびさの料理紹介☆今回は気合入れてます

ホントに久しぶりですね。趣旨に帰って料理のレシピをご紹介します。

今日はサラダ。サラダって結構難しいんですよね。簡単なだけに作る側の質が問われる。しかも単純に思えて奥が深かったり。サラダを作るのがうまい人は正直スゴイなって思います。俺はまだまだ・・・;

そんなサラダ。その中でも今回ご紹介するのはシーザーサラダです。本当はロメインレタスで作るのですけれど、某居酒屋のレシピからアイディアをパクらせていただきました。

ここに写真と材料を載せたホームページを作りました。ぜひご覧ください!

http://www2.tbb.t-com.ne.jp/yorozu/cooking/si-za-.htm


1.サラダベース(レタス、玉ねぎ、にんじんのサラダ)を作る。玉ねぎは薄く切り、人参はつま状にする。レタスは手で一口大に。玉ねぎは柔らかくするために、人参は悪い酵素を殺すため、レンジで一度暖めたものを冷やして使うと良いかも。

2.サラダベース、シーザードレッシング、粉チーズをポリ袋に入れる。袋の口を閉めて振り回す。ドレッシングと上手く混ざるまで続ける。

3.外枠となる一枚のレタスを用意。破れると見た目が悪くなるため、慎重に。剥くときにレタスの隙間に少量の水を差し込みながら剥くとすんなり剥ける。

4.レタスを器代わりに、さかさまにしてサラダベースを入れる。しつこいようだが、レタスが破れないように。さかさまのまま上に皿をかぶせ、180度ひっくり返す。良い感じになったでしょう?

5.フライパンにバターを引き、一センチ四方に切ったパンを炒める。要はクルトンを作る。焼き色が付いたらOK。クルトンが冷めるまで他の料理を作ってる。

6.皿に盛った(置いた?)レタスの上からシーザードレッシングをW字状にかける。その上にクルトンを乗せ、周りに茹でたブロッコリー、余ったクルトンを添える。色合いがもう少し欲しいときはトマトがベスト。パプリカも良い。

7.デカいレタスを使うと見た目が強烈。味付けをドレッシング頼みにしているのでデザインで勝負。ナイフを使って食べましょう。崩れたら泣く。以上!
ラベル:レシピ 料理
posted by JSKS at 16:02| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 料理・レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最近怪我が続いてます

昨日もバイトでした。あがったのが23時過ぎで、そのまま岐路に着きます。その途中。

ホントに一瞬の出来事でした。いつも通り自転車をこいでいただけなのに、急に体がガクンと沈んだんです。自転車のコントロールも急激に乱れ、速度の乗った自転車は暴走。電信柱へ向けて急接近です。自転車の運転は自信があったので(毎日乗っているので当然ですが)、なんとか衝突だけは避けられました。

心臓がバックンバックン。そのときチェーンが外れたんだって気づきました。だいぶ古い自転車です。そろそろ限界かなぁとは思っていたのだけれど・・・。

チェーンが外れるとペダルが一気に軽くなるじゃないですか。その勢いで立ちこぎ状態からペダルを踏み外したんですね。しかもその後、足の指をペダルに強打。サンダルだったのが災いです。

右足親指の皮(肉?)がベロンと剥けちゃいました。サンダルが真っ赤。いや、血だけなら良かったんですけど、なんかジュクジュクしたのも流れてきてます。まじ最悪。

あれから十五時間。一夜明けて痛みはだいぶ治まりましたが、いまだに血が止まりません。絆創膏が一時間持たない。これは医者に行ったほうがいいのでしょうか。せっかく先日の傷(包丁で指を切ったやつ)が直ってきたのに・・・。

どうでもいいことですが、あの傷口から出てくる透明な液体ってなんなんでしょうね。
posted by JSKS at 15:50| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。