2007年07月06日

中華の肝。豆板醤の雑学

毎度おなじみ、前回の料理に関する雑学をご紹介です。


「トリビアの風」 第五回 -豆板醤-


名前は有名な豆板醤。豆板醤は空豆からつくられる味噌の一種です。醤とは合わせ調味料のことであり、日本では豆板醤が唐辛子味噌、甜面醤が甘味噌という意味で使われることが多いですね。

唐辛子を含むため、少量でも結構辛い。さらに豆板醤は熱が加えられると辛味が強くなる性質があります。そのとき香りもかなりキツくなるので、熱した中華なべに豆板醤を投入すると鼻や目にツンとした刺激が走ることでしょう。というか、回鍋肉を作ると自分はいつもなります。


ちなみに、豆板醤と甜面醤は中華量には欠かせない調味料です。和食で言う醤油・みりん、イタリア料理で言うパルメザンチーズ・オリーブオイルのようなものだと考えてください。最近は比較的安価で手に入るので、興味がある方はぜひ購入することをオススメします。いや、マジで。



★豆板醤って何?というかたはこちら★



★甜面醤って何?という方はこちら★

ラベル:雑学 料理 中華
posted by JSKS at 17:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理・雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。