2007年07月06日

中華を学ぶ☆回鍋肉の雑学

調子に乗って二連続!これでちょっとした知識人!(←マテ)


「トリビアの風」 第六回 -回鍋肉-


回鍋肉の回鍋とは、一度鍋から食材を取り除いて、後でまた入れる事を指す。つまり、材料一つをそのように炒めればどんな料理も回鍋肉である。しかも肉も何の肉か指定はない。つまり回鍋すればありとあらゆる肉入り野菜炒めは回鍋肉であるといえる。

事実、元来の回鍋肉はキャベツでなく葉にんにくを使っていた。日本に回鍋肉が伝えられた際、当時日本で量産されていたキャベツがたまたま使われただけのこと。それ以来、日本では回鍋肉と言えばキャベツ、ピーマン、長ネギというセットが標準となっている。

以前に紹介した記調理法では、肉をそのまま炒めているが、これはあくまで男の料理だから。本当は一度肉を蒸すか茹でるかするとベスト。更に一歩、本場の味に近づける。
ラベル:料理 雑学 回鍋肉
posted by JSKS at 17:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理・雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。