2007年07月08日

和食の基本!魚を捌いてみませんか?

皆さんは魚を捌いたことってありますか?

「ない」という方で、料理がうまくなりたいならば、コレは絶対に習得しておいたほうがいい技術です。鼻歌を歌いながら一瞬で三枚おろしをやってのける、それが料理をする人の理想ですよね。

自分はプロの料理人というのにちょっと憧れています。というわけで、少し前に練習を始めました。まだ合計しても十尾程度しか経験はないですけど、人に見せられるぐらいは上達したと思います。

ここでは未経験の方を対象とした魚の捌き方を紹介します。

まずは何を捌くのか。初めての人にオススメするのは鯵です。中アジならば手ごろな値段とサイズなので、一番簡単だと思いますよ。そこから秋刀魚、カレイなどにステップアップしていきましょう。

ただ、包丁の扱いには普段以上に気をつけて下さい。包丁は出刃包丁や柳刃包丁をつかうのが普通です。自分は出刃をつかっていました。んで、一度おもいっきり指を切ったことがあります。すんごい深かったです。切り口を見てテンパりました。今でも少し恐怖が残っています。皆様はくれぐれもご注意を。

ちょっと長くなるので次の項に具体的な説明はまわします。魚の捌き方・第一回「鯵」。それでは次項で☆
タグ:料理
posted by JSKS at 15:09| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 料理・レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/47114532

この記事へのトラックバック

魚の下ごしらえの裏テク
Excerpt: 魚のウロコを飛ばさない技 切り身を買うのはいいけれど、一匹の魚をまるごと買ってくるとなるとウロコを取るのが大変です ウロコを取ろうと包丁の刃先をあてると周囲にウロコが飛び散ったりと散々です こんな..
Weblog: 必殺!料理の裏技レシピ
Tracked: 2007-07-26 17:18
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。