2007年07月16日

イタリア料理の意外な真実

今日紹介する雑学はあんまり知られていないことだと思います。題材が身近なものであるだけに、ぜひ知っておいて欲しいです。


「トリビアの風」 第十一回 -ナポリタン-


スパゲティと言えばやはり本場はイタリア。スパゲティの有名どころといえばミートソース、カルボナーラ、そしてナポリタン。ところがこのナポリタン、イタリアにそのような名称のパスタは存在しない。そもそもナポリタンとは英語で「ナポリ風」という意味。「風」とはあくまで似せたものであるため、実際のナポリにはない。そもそも英語の料理がイタリア生まれとはおかしな話だろう。察しの通り、スパゲティナポリタンはアメリカで生まれたメニューである。スパゲッティ=イタリアンだと勘違いしていると、いつか恥をかくかもしれない。
posted by JSKS at 20:34| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 料理・雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/48063491

この記事へのトラックバック

童貞
Excerpt: おれも昨日までそうだったけど(笑) しかも34マンで買ってもらえましたが(笑)
Weblog: 童貞とか恥ずかしいし(笑)
Tracked: 2007-07-18 04:48
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。