2007年07月26日

ひさびさの料理紹介☆今回は気合入れてます

ホントに久しぶりですね。趣旨に帰って料理のレシピをご紹介します。

今日はサラダ。サラダって結構難しいんですよね。簡単なだけに作る側の質が問われる。しかも単純に思えて奥が深かったり。サラダを作るのがうまい人は正直スゴイなって思います。俺はまだまだ・・・;

そんなサラダ。その中でも今回ご紹介するのはシーザーサラダです。本当はロメインレタスで作るのですけれど、某居酒屋のレシピからアイディアをパクらせていただきました。

ここに写真と材料を載せたホームページを作りました。ぜひご覧ください!

http://www2.tbb.t-com.ne.jp/yorozu/cooking/si-za-.htm


1.サラダベース(レタス、玉ねぎ、にんじんのサラダ)を作る。玉ねぎは薄く切り、人参はつま状にする。レタスは手で一口大に。玉ねぎは柔らかくするために、人参は悪い酵素を殺すため、レンジで一度暖めたものを冷やして使うと良いかも。

2.サラダベース、シーザードレッシング、粉チーズをポリ袋に入れる。袋の口を閉めて振り回す。ドレッシングと上手く混ざるまで続ける。

3.外枠となる一枚のレタスを用意。破れると見た目が悪くなるため、慎重に。剥くときにレタスの隙間に少量の水を差し込みながら剥くとすんなり剥ける。

4.レタスを器代わりに、さかさまにしてサラダベースを入れる。しつこいようだが、レタスが破れないように。さかさまのまま上に皿をかぶせ、180度ひっくり返す。良い感じになったでしょう?

5.フライパンにバターを引き、一センチ四方に切ったパンを炒める。要はクルトンを作る。焼き色が付いたらOK。クルトンが冷めるまで他の料理を作ってる。

6.皿に盛った(置いた?)レタスの上からシーザードレッシングをW字状にかける。その上にクルトンを乗せ、周りに茹でたブロッコリー、余ったクルトンを添える。色合いがもう少し欲しいときはトマトがベスト。パプリカも良い。

7.デカいレタスを使うと見た目が強烈。味付けをドレッシング頼みにしているのでデザインで勝負。ナイフを使って食べましょう。崩れたら泣く。以上!
タグ:レシピ 料理
posted by JSKS at 16:02| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 料理・レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/49270538

この記事へのトラックバック

エコ・クッキング
Excerpt: 野菜の皮をスープに ニンジンや大根の皮は普通は生ゴミへと捨てられてしまいますが、これらはコンソメスープの具にぴったりなのです 見た目もオレンジや白のリボンのようでお洒落ですし、薄くて火が通りやすいた..
Weblog: 必殺!料理の裏技レシピ
Tracked: 2007-07-28 10:42
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。