2007年12月10日

時の流れを感じた日

えっと、料理と関係ないこと書きます。というか、自分自身がまだ多少混乱しているので、文章がメチャクチャになるかもしれないけどすんません。

昨日が姉貴の誕生日でした。ところがここで大失敗。今日12/10を12/9と勘違いしていたんです。日付が変わって、「あ、そういや誕生日か。メールでも送ろう」と思った瞬間の大発見。デジタル時計に書かれてる12/10の文字を見て唖然としました。・・・やべ。やっちった。

まぁそんな事を気にする相手でもなし。とりあえず送信。

一時間後、返信来ました。のは良いんだけど、とっても意味深な文が添えられている。

「今度お兄ちゃんが出来るよ」

・・・弟じゃなくて?いや、それでもビックリなんだけどさ。俺の頭ではその意味を三つにしか解釈できない。

1)打ち間違い。
2)ドッキリ企画
3)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・いや、ありえんでしょ

確認すべく追求する。すると・・・時が止まった。

いや、人って驚くと本当に停止するんですね。なかなか貴重な経験をした。


・・・姉貴が結婚するらしい。こんど実家に挨拶に行くんだってさ。

んなアホな!?


ぶっちゃけましょう。驚いたことよりも嬉しかったっス。姉貴にもそんな相手ができたってこと。あんな姉貴を、一生大切にするって決めた人がいたこと。そんで、俺に兄貴が出来るってこと。

まぁ衝撃もありましたよ。あんなんでも姉弟ですからねぇ。姉貴が女として一人の男に取られる。なんとも不思議な感覚。しかしどこに惹かれたんだよ。俺ならもうちょっと・・・(ry

何が言いたいかって言うと、姉貴に結婚相手が出来たってことは、まぁ、想像したこともあった。そのこと自体でそこまで驚いたわけじゃない。いや、そこもかなりビビッたんだけどね。それ以上に、なんていうか、時間を感じた。

もうそんな年頃なのかぁって。だって、姉貴っスよ?あのいつもアホなことやって落ち着かない猪突猛進。子供みたいにはしゃぎ回ってて、いつまでも昔と変わらない。

・・・そっかぁ、俺ももう21なんだよなぁ。時間って、やっぱり本当に流れてたんだなぁ。それが、少しショックだった。この数年間、俺は何もしてないようなものなのに、時間はしっかりと流れてた。世界はどんどん変わってた。それが・・・ショック。そうだよな。今の大学生活も、もうあと四ヶ月切ってる。時間が流れてて、毎日の日々はもう取り返しがつかなくて、あぁなんていえばいいんだろ、とにかく、ショック。

俺を置いて世界が回ってる、そんな感覚。だって俺、まだ何もしてないよ。やりたかった事、叶えたかった夢、なにも出来てないよ。なのに、時間が進んでて・・・。

とにかく、だ。俺に兄貴が出来る。まだ親にも紹介してないらしいけど、どうせこのままゴールするだろ。止まらないし、その必要もない。ちょっと周りが騒ぐくらい。俺、ドライかな。まぁいいだろ。それより大切なのは、家族が一人増える。

○○さん、って言ったよな。今度一緒に飲む約束した。その時、覚悟してろよな。俺も覚悟決めてくから。とまることない時間の中、ただ流されるだけじゃない。アンタの弟だって、家族の一員だって胸張って言えるように。

あぁ、それと、姉貴泣かすような真似したら容赦なく殺すからよろしく。ついでに俺は有言実行で有名です。やると言ったらやる。兄貴だろうと知ったことか。アンタは俺の兄貴として相応しいように頑張れ。俺も、アンタの弟として誇れるよう、死ぬ気で気張るからさ。

やべ、長くなってきた。そろそろしめます。では結論。俺はやる(いろんな意味で)。以上。
posted by JSKS at 02:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/71952608

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。