2007年06月26日

電子レンジでヒレカツに挑戦

ひさしぶりに料理に凝ってみました。今日はヒレカツ!もちろん出来合いじゃないですよ。業務用スーパーで買ってきたポークロースから作りました。

とはいえあんまり油を使いたくない。加えて俺は厚なべを持っていません。まぁ中華なべで代用は出来るけどさ。揚げ物って一人暮らしには向かないんですよね。

そこで出番だ、電子レンジ。いやー、揚げ物がレンジでできる時代なんですねぇ・・・。しみじみと感心してからいざ料理開始。

軽く叩いた豚肉に小麦粉をつけ、卵をつけます。あとは粉チーズとパン粉でつくった衣で包み、準備はOK!

しかし大切なことに気がついた。クッキングペーパー買い忘れている。大急ぎでスーパーへ。帰ってきてからいざ続き。クッキングペーパーの上に溶かしたバターを回しかけます。うん、いい匂い。こうすることで、こんがり焦がしたバターがサクサクになるんですよ。まさに揚げ物の如し!!

オーブンでいい感じに焼けたらハイ終了。ソースをかけて、完璧です!普通のカツよりふにゃふにゃとはしてるけど、バターの風味は格別です。ぜひ一度作ってみてはいかがでしょうか。
posted by JSKS at 00:01| Comment(0) | TrackBack(1) | 料理・レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

家でも出来るプロのトンカツ

前回の記事に書き忘れました。居酒屋とかファミレスとかで出てくるトンカツの作り方をご紹介します。

1、水気を取ったトンカツに打ち粉を満遍なくまぶします。漬け終わったら両手で拍手をするように叩く。これで余分な粉を落とすんですね。同時に肉も伸ばせます。

2、タネを作ります。卵、バターミックス、水を適量入れてよく混ぜます。分量はお好みに合わせてくさい。とろみがあるほど衣がたくさんつきます。ちなみにバターミックスとは小麦粉と揚げ粉を3:1で混ぜたものにバターを混ぜればできます。代わりにホットケーキミックスでもいいかもしれません。自分はまだ試したことがないので、試した方はご報告をお願いします。

3、豚肉をタネに沈めます。十秒ほど放置。そのあとは生パン粉で包んでください。全方向から力を加えるのがポイント。形が綺麗になります。

4、あとは揚げるだけ。ちなみに豚を鶏胸肉にかえるとチキンカツです。


コイツにキャベツの千切り、ブロッコリー、トマトなどを添えたものが700〜900円で売られているわけですね。どうです?簡単でしょ?
posted by JSKS at 00:18| Comment(0) | TrackBack(1) | 料理・レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

余った材料の有効活用!

策や同様、今朝もまたヒレカツを作りました。仕込みは昨日のうちに終わらして置いたので、今日は生地で包んでレンジに入れるだけ!

ぐるぐると回るカツをボーっと見ているとき、あまった材料が目に留まりました。なんだかちょっと勿体ない。これでなんか作れないかなぁ・・・。とりあえず挑戦!

1、カツをあげるのに使ったパン粉・小麦粉・卵をボールにぶち込み攪拌
2、溶かしバターと水を加えさらに攪拌
3、材料的にはパンケーキに近い気がしたので、砂糖を投入
4、飲むわけにはいかないのでフライパンで焼いてみる
5、得体の知れないモノが現れた

パンケーキとオムレツとお好み焼きを足して3で割った感じ。見た目は、うん、悪くない。恐る恐るしょうゆで一口・・・まろやかで、風味があって、クセがあって、醤油のしょっぱさと砂糖の甘さが混ざった味がしました。


・・・うん、失敗ですね。
ラベル:料理 レシピ
posted by JSKS at 09:50| Comment(0) | TrackBack(1) | 料理・レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月27日

これまでで一番ローカロリーな夕食

今日も今日とて研究室へ。帰ってきたのは十時過ぎです。

ウチは近くにコンビニがないので、九時を過ぎると買い物に行く気がなくなります。今日もそんな感じ。家にあるもので済ませばいいや、と考えていました。


ところが!!なんと米がきれているではないか!

これはいかん。仕方ないのでパンを食べる。と、なんとパンもない。まさか、と思い片っ端から食材をチェック。買い置きしていた蕎麦もない。スパゲッティも食べつくした。・・・うそ。

一通り探し終え、手元に視線を落としてみる。板こんにゃくが一枚と、木綿豆腐が1丁。

豆腐は冷奴にするとして、こんにゃくはどうしよう。

とりあえずこんにゃくが透けて見えるくらいに薄く切る。茹でて灰汁をぬき、油も何もしかないフライパンの中へ。焦げ目がついたら、二つに分けます。片方はそのままで。もう片方は焼きながら焼肉のタレをしみこませます。

これで完成。味付けをしていないほうは、こんにゃくの刺身。めんつゆに山葵をといたもので食べました。けっこう美味しい。


夕食を抜いたことは何度かあったけど、それを除けば今までで一番ローカロリーな献立でした。
ラベル:料理 こんにゃく
posted by JSKS at 23:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 料理・レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイエット向け。こんにゃくの変わった調理法

前回にこんにゃくについて書いたので、ついでにオススメレシピをご紹介します。

手間もかからずダイエットにもいいです。

1、こんにゃくを0.5ミリくらいの薄切りにする。
2、そのまま冷凍庫へポイ。凍らせます。好きなだけ保存してください。
3、食べたくなったら冷凍庫から取り出します。凍ったまま茹でてください。灰汁を取り除かなくてはいけません。
4、ほどよいところで、フライパンへ。油は不要です。水分が完全に飛ぶまで火を通します。
5、これで完成。山葵をとかしためんつゆでどうぞ。


凍らせておけばいつでも食べられるので、おつまみにも最適!こんにゃくの袋には「歯ごたえが変わってしまうため、凍らせないでください」と書いてあるものもありますが、その変わった歯ごたえがグッドですよ!

前回の記事に書いたメニューはこれの劣化版です。こっちが本来のレシピ。騙されたと思って作ってみてください。こんにゃくの意外な顔を発見できますよ?
posted by JSKS at 23:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 料理・レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月28日

簡単に作ろう☆親子丼!

家に帰ってきて晩御飯。さあ、今日は何を作ろうか。

米をとぎ忘れていたので、ご飯を作る時間が遅くなってしまいました。しかも、米が炊けるまでネットサーフィンをしていたら、あっという間に時間が過ぎている。ご飯は炊けたが、いまから何かを作ったのではあまりに遅い。

そこで登場しました親子丼。味付けが簡単なので一瞬で作れます。煮込む時間は多少必要ですが、その間は様子を見ながらネットでカタカタ。

さて、肝心の作り方をご紹介します。

1、親子丼と言うくらいなので、鶏肉を適当な大きさに切る。鳥胸肉が一番いいと思います。

2、好みの具材を切ります。自分は玉ねぎと人参が大好きです。白滝とか、ダイエットを志す人はこんにゃくでもOK。

3、めんつゆを使って味をつけます。めんつゆのラベルに「丼もの、水:めんつゆ=○:1」と書いてあるはずです。参考にして、味を調えてください。これだけで十分美味しいです。

4、いい感じに煮立ったらとかした卵を投入。軽く混ぜたら火を止めて、余熱で卵を固めます。ほどよいとろけ具合になると思います。

以上で完成。簡単でしょ?

ご飯にかけて、親子丼を食べていると、思わぬ失敗に気付きました。

・・・あ、暑い。夏場はちょっと不適切でした。
posted by JSKS at 23:48| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 料理・レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月03日

手軽に作る!鶏肉の甘味噌ソース炒め

最近料理が手抜きぎみ。カレーとかスパゲティとか卵かけご飯と・・・。大学が忙しくなってきているので仕方ないといえばそうなのですが。まぁ甘えだよね。だって三十分くらいは時間あるし。

ということで気合を一発。今日は昨日までとは違うぜ!!渾身の一品「鶏の甘味噌ソース炒め」。

作り方は簡単です。ほとんど野菜炒めですから。違うのはソースだけ。

1.肉・野菜を普通の手順で炒める。

2.味噌をお湯で軽く溶かし、砂糖を加える。舐めながら味を確認します。砂糖を少し多めにしたほうがいいです。

3.隠し味でソースを投入。入れすぎるとソースの味しかしないので注意。

4.火を止めたらごま油を加えます。軽く絡めて、はい終了。

簡単な割りに結構おいしいです。でも今回は味見をしなかったら分量間違えた。たぶんまた太りました。あぁぁ。
ラベル:料理 レシピ 鶏肉
posted by JSKS at 19:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理・レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月05日

ダイエット用☆豆腐のステーキ

簡単に作れるダイエット料理のご紹介です。ズバリ豆腐ステーキ!ささっと作れるので試してみてくださいね。

1.豆腐の水を切ります。キッチンペーパーでくるんでおくだけでも結構水は切れますよ☆

2.豆腐を適当な多さに切ったら片栗粉で包みます。残っている水気が片栗粉になじめばベスト!好きな人はさらにゴマを振ってください。

3.フライパンに油をしきます。少量でもOK!熱くなったら豆腐を焼きましょう。

4.焦げ付かないようにフライパンをゆすりつつ、色がきれいに付くまで焼きます。あ、もちろん両面です。

5.焼き色が付いたら味付け。醤油や麺つゆでも美味しいですけど、焼肉のタレをオススメします。手軽だしすっごく美味しい!

6.フライパンから器に移して完成。緑野菜を添えると見た目も鮮やかです。

これ、予想以上に美味しいと思います。片栗粉で包まないで焼いてみたこともあるんですけど、うーん微妙。最適な分量が自分ではかれるようになればプロ!
posted by JSKS at 18:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理・レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月06日

本格派!!回鍋肉にチャレンジ

中華の王道、回鍋肉にチャレンジしました。少々手間がかかりますが、それだけの価値がある料理だと思います。料理の本場、大陸の技を身につけるため、今日も今日とて練習です。

それでは以下に作り方をご紹介。


1.肉と野菜を適当な大きさに切る。一口大がいいと思う。

2.中華なべに油を少しひき、鍋が程よく熱くなったら豆板醤、ガーリックを投下。軽く調味料を炒めたら肉を入れます。

3.食べごろよりも一歩手前で一旦肉を皿に移し、油をひかずにピーマンを投入。火の通りにくいピーマンを先に炒める。ちなみに中華料理では火力は常にマックスで。

4.ピーマンに熱が通ってきたらキャベツ、玉ねぎ、長ネギを追加。少量であれば火の通りが早いため、長ネギは後で入れるべき。四人前くらいの量なら一緒に入れたほうが良いと思います。

5.鍋を振る。振る。振りまくる。そして攪拌、攪拌、攪拌。するとテンションが上がってくる。

6.調子付いてきた頃(野菜に熱が通った頃)、肉を再び鍋の中へ。

7.十分熱が通ったら、火を止める直前に合わせ調味料を入れる。んで攪拌、攪拌、攪拌。

8、火を止めたら鍋の淵に沿ってごま油を回しかける。火を止めてから入れることで、風味が熱で殺されない。ごま油の味が好きな人は火を止める前に多めに入れて風味を調節するべし。


思いつきでもパッと作れる簡単さです。中華は難しいと敬遠してきた方は、これを機に目覚めてみてはいかがでしょうか。
ラベル:料理 レシピ 中華
posted by JSKS at 16:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理・レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月07日

お手軽♪揚げ出し豆腐!

今朝は寝坊してしまいました。夜中にトイレに起きたのがいけなかったのか・・・。つまり朝ごはんを作る時間がない。

そこで簡単な揚げ物を作ることにしました。五分で作れる揚げ出し豆腐です。

1.水を切った木綿豆腐にごま油を軽くしみこませる。

2.豆腐に片栗粉をまぶし包む。

3.色がキツネ色に変わるまで揚げる。

4.濃い目のめんつゆにつけてどうぞ☆

揚げ物だけど、さっぱりしているので朝でもOKです。クッキングペーパーで余分な油を取り除けば、コレステロールも完璧!

片栗粉の代わりに小麦粉でもかまいませんが、片栗粉のほうがふっくらして食感が良いです。揚げ物にごま油を使うのは定石ですね。味が引き立ちますよ♪
ラベル:料理 レシピ
posted by JSKS at 15:58| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理・レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月08日

和食の基本!魚を捌いてみませんか?

皆さんは魚を捌いたことってありますか?

「ない」という方で、料理がうまくなりたいならば、コレは絶対に習得しておいたほうがいい技術です。鼻歌を歌いながら一瞬で三枚おろしをやってのける、それが料理をする人の理想ですよね。

自分はプロの料理人というのにちょっと憧れています。というわけで、少し前に練習を始めました。まだ合計しても十尾程度しか経験はないですけど、人に見せられるぐらいは上達したと思います。

ここでは未経験の方を対象とした魚の捌き方を紹介します。

まずは何を捌くのか。初めての人にオススメするのは鯵です。中アジならば手ごろな値段とサイズなので、一番簡単だと思いますよ。そこから秋刀魚、カレイなどにステップアップしていきましょう。

ただ、包丁の扱いには普段以上に気をつけて下さい。包丁は出刃包丁や柳刃包丁をつかうのが普通です。自分は出刃をつかっていました。んで、一度おもいっきり指を切ったことがあります。すんごい深かったです。切り口を見てテンパりました。今でも少し恐怖が残っています。皆様はくれぐれもご注意を。

ちょっと長くなるので次の項に具体的な説明はまわします。魚の捌き方・第一回「鯵」。それでは次項で☆
ラベル:料理
posted by JSKS at 15:09| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 料理・レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

魚の捌き方・第一回「鯵」♪

魚の捌き方・第一回「鯵」。では早速手順を紹介。

1.まずは頭を落とします。残しておいたほうが見た目はかっこいいのですが、何かと邪魔なのでとっとと落としたほうがいいです。えらの後ろから包丁を入れてください。骨は力ずくで断ちます。

2.おなかに切込みを入れて内臓を取ります。「気持ち悪い」という方、我慢してください。すぐに慣れます。とったワタは新聞に包んでから袋で縛ると臭いがもれません。

3.汚れを取ります。刺身にする場合はキッチンペーパーで腹の中を拭き、焼いたり揚げたりする場合は水でジャブジャブ洗っちゃってください。

4.ぜいごを取ります。ぜいごとは横っ腹に線状についている骨みたいなのです。尾の方から果物の皮をむくようにピピッと取ってください。

5.1〜4を反対の面で繰り返します。

6.いよいよ三枚におろします。尾の方に切り込みをいれ、包丁を水平にしたままスライドしていくだけです。背骨をレール代わりにすると簡単かな?(でこぼこしてるけど)。2で入れたお腹の切り込みも利用しましょう。

7.6をもう片方の面でやります。

8.骨をとります。ここが結構めんどくさいですね。毛抜きでも代用できますが、専用の道具の方がなにかと良いのでこの際に買ってしまいましょう。安いしw。

9.汚れをもう一度とってできあがり。皮が気になる人は軽くお湯をかけてください。するするっと向けるようになります。ただ、かけ過ぎると鯵が茹で上がってしまうので注意。

後は調理の仕方しだいですね。自分のオススメは棒寿司。なめろうにしても美味しいです。背骨の部分は片栗粉をつけて揚げると骨まで食べられるようになります。

文章だと非常に分かりづらいですね;;近日中に写真つきページを作成する予定ですのでしばしお待ちくださいませ。
ラベル:料理 レシピ
posted by JSKS at 15:21| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理・レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月09日

手軽に作れるおしゃれな鮭料理!

今日の晩御飯は結構な自信作。簡単なのにすごく美味しいMyベストメニューです。

もともとは別のブログで教えてもらった料理なのですが、いろいろと改良を加えて自己流にアレンジしてあります。ぜひお試しくださいませ!

それではレシピをご紹介♪

1.玉ねぎを薄く切る。焼き時間が少ないので、熱くなってしまったらレンジを使うのも手。

2.フライパンでバターをとかす。その上に鮭の切り身を乗っける。形が崩れないように。後のために両面だけでなく、背や腹の部分も軽く焼く。

3.全体的に薄く焼き色が付いたら一度取り出す。代わりに玉ねぎを投入。残っているバターと鮭の油で焼く。

4.玉ねぎを焼いている間に鮭の骨を取り出す。皮もはぐ。鮭の皮は食べられるので、食べたい人は食べやすい大きさに刻んで一緒に焼くと良い。

5.玉ねぎと一緒に鮭を炒める。かき混ぜながら鮭をほぐしていく感じ。あらかたほぐしたら酒を入れて蓋をする。蒸し焼きにするイメージ。

6.玉ねぎの水分が飛んできたら火を消して醤油をたらす。

7.器に盛り付け、マヨネーズ、パセリで味付け。


慣れるとパッパと作れちゃいますよ。ご飯はあるのにおかずと時間がない。そんなときに自分はいつも作っています。どうか皆様の口に合いますように☆
ラベル:レシピ 料理
posted by JSKS at 20:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理・レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月13日

五分でできるダイエット料理☆

少々更新をサボリぎみでしたが、久々に料理をご紹介いたします。

すっごく簡単で美味しい、サイドメニューにぴったりの田楽です。

1.板こんにゃくを一センチ幅にカット。三分ほどお湯で煮立たせて灰汁を抜く。

2.茹で終わったらザルに開けて水気を飛ばす。冷えてきたらポリ袋やタッパに焼肉のタレ、こんにゃくを入れて冷蔵庫で一晩寝かせる。切込みを入れておくと、より味がしみこむ。漬け置きのベストな時間は不明。ただいま実験中。

3.食べたいタイミングで取り出し、軽くフライパンで焼く。焦げ目が付くか付かないかくらいを目安に。

4.皿に並べて甜面醤をかける。

甜面醤はそのままでも美味しいので漬け置きはやらなくてもOKです。自分は面倒くさがり屋なのでやらないことが多いかな?さらに面倒くさい方は焼かなくてもOK!ゆでたこんにゃくに甜面醤をかけて召し上がれ。
posted by JSKS at 15:43| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理・レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月16日

手抜きをアレンジ!パスタの王道

最近更新がまちまちになってきてますね。それほど忙しくはないので、たんなる意欲の問題でしょう。うーん、もうちょっと根性出せ、俺。

今日のメニューはパスタです。でもただ茹でて缶詰ソースをかけるだけでは味気ない。ということで、今日はちょっと工夫したナポリタンをご紹介します。具はお好みで調節してください。


1.パスタを茹でる。量は個人の自由。お湯の中に塩をとかすと良い。これは味付けのためだと知られているが、それ以外にもお湯の沸点を上げると言う重要な意味がある。

2.パスタを茹でている間に野菜を細切りにする。自分は人参が好きなので入れた。きのことかでもいいと思う。

3.フライパンでバター(またはマーガリン)をとかし、まだ冷たいうちににんにくを炒める。ガーリックがこげる前に野菜を投入。火を通す。

4.パスタが茹で上がる直前にトマトソースを大さじ3だけフライパンへ。あまり時間が絶つと水分が飛んでしまう。

5.茹で上がったスパゲティを鍋からあげ、完全には水を切らずにフライパンへ。これで蒸発しかけたトマトソースの水分を補う。スパゲティは焦げないようにトマトソースの上に乗せ、塩・胡椒を振る。

6.ソースと麺が絡まるように混ぜ合わせたら火を止める。このとき一緒にチーズを絡めても美味しいと思う。

7.器に盛る。麺をつかんでフライパンの中でぐるぐる回し、引き上げると麺だけが吊れる。具材を後で盛ると見栄えが良い。

8、天辺を少し平らにして余ったトマトソースをかける。レンジで温めてあるとベスト。その上から粉チーズ、パセリを順に振る。


ね、簡単でしょ?ちなみにファミレスとかのパスタはこんな感じです。自慢の器に乗っければ人様に出しても恥ずかしくないはず!
ラベル:料理 レシピ
posted by JSKS at 20:30| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(1) | 料理・レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月26日

ひさびさの料理紹介☆今回は気合入れてます

ホントに久しぶりですね。趣旨に帰って料理のレシピをご紹介します。

今日はサラダ。サラダって結構難しいんですよね。簡単なだけに作る側の質が問われる。しかも単純に思えて奥が深かったり。サラダを作るのがうまい人は正直スゴイなって思います。俺はまだまだ・・・;

そんなサラダ。その中でも今回ご紹介するのはシーザーサラダです。本当はロメインレタスで作るのですけれど、某居酒屋のレシピからアイディアをパクらせていただきました。

ここに写真と材料を載せたホームページを作りました。ぜひご覧ください!

http://www2.tbb.t-com.ne.jp/yorozu/cooking/si-za-.htm


1.サラダベース(レタス、玉ねぎ、にんじんのサラダ)を作る。玉ねぎは薄く切り、人参はつま状にする。レタスは手で一口大に。玉ねぎは柔らかくするために、人参は悪い酵素を殺すため、レンジで一度暖めたものを冷やして使うと良いかも。

2.サラダベース、シーザードレッシング、粉チーズをポリ袋に入れる。袋の口を閉めて振り回す。ドレッシングと上手く混ざるまで続ける。

3.外枠となる一枚のレタスを用意。破れると見た目が悪くなるため、慎重に。剥くときにレタスの隙間に少量の水を差し込みながら剥くとすんなり剥ける。

4.レタスを器代わりに、さかさまにしてサラダベースを入れる。しつこいようだが、レタスが破れないように。さかさまのまま上に皿をかぶせ、180度ひっくり返す。良い感じになったでしょう?

5.フライパンにバターを引き、一センチ四方に切ったパンを炒める。要はクルトンを作る。焼き色が付いたらOK。クルトンが冷めるまで他の料理を作ってる。

6.皿に盛った(置いた?)レタスの上からシーザードレッシングをW字状にかける。その上にクルトンを乗せ、周りに茹でたブロッコリー、余ったクルトンを添える。色合いがもう少し欲しいときはトマトがベスト。パプリカも良い。

7.デカいレタスを使うと見た目が強烈。味付けをドレッシング頼みにしているのでデザインで勝負。ナイフを使って食べましょう。崩れたら泣く。以上!
ラベル:レシピ 料理
posted by JSKS at 16:02| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 料理・レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月24日

洋風親子丼?

先日のバイト後、いつもどおりまかないを作っている時のことでした。

先輩「今日のまかないは親子丼ね」
自分「ういっス」
先輩「和風と洋風と中華どれがいい?」
自分「・・・は?」

先輩も言ってみただけだったのですが、洋風の親子丼というものに興味が出てきた我々。とりあえず作ってみることに。

洋風というと、いったい何が入っている親子丼だろう。とりあえず鶏肉と卵を外すわけにはいくまい。"丼"なので米も必須。たまねぎもほしいよね。あとは何を入れるべき?

洋風と言えばやっぱりチーズだ。というわけでチーズを投入。見た目にもっと「あたい洋風」って感じがほしい。というわけでトマトソースを作ってみた。親子丼のたれと混ぜてかける。まだちょっと色合いが足りない。というわけでパセリをふんだんにまぶすことに。なんだかすごいキレイ。これで完成。

さっそく試食。うぉぉぉぉ、チーズが濃すぎる。どう考えても親子丼ではないだろう。パセリの風味はグッド。しかし、これは何かの味に似ている。・・・あ、ドリアだ。

結論:洋風親子丼=チキンドリア

一人納得している奥で、先輩は中華風親子丼を作っていた。がんばってください。自分はもう帰ります。
ラベル:料理 レシピ
posted by JSKS at 15:50| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(2) | 料理・レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月24日

猿酒のご紹介〜〜

以前にも書きましたが、もやしもんという漫画にハマっています。それに感化され、ちょっとお酒を作ってみたいなって感じてしまいました。

ですが、ここで問題が。日本には酒税法というのがあります。自宅でお酒を造るのは違法なのです。一度未満であればOKなんですけどね。甘酒とか。

まぁともかく、お酒を密造するのはいけないことです。よって、これからかく記事は脳内でできてる妄想だと思ってください。現実じゃないですよ〜〜。あくまでお話ですよ〜〜。

さて、前置き終了。

とまぁ思い立ち、お酒を作ってみることにしました。かといって何をしたらいいのかは全然わからない。ということで、初めに手をつけるのは「猿酒」。

猿酒をご存じの方は少ないかもしれません。知ってる人はたぶん作ったことある人でしょう。

材料は単純です。スーパーで100%の果実ジュースを買ってきました。オレンジとりんごは以前に作ったことがあるので、今回はグレープにします♪それと一緒にドライイーストを購入。これは酵素です。ケーキ作りにも使いますよね。

あとは単純。普通に入れると溢れちゃうので7、8割だけ残して飲んじゃいましょう。そんで7、8割のジュースが残ってるペットボトルへドライイーストを少量いれるだけ。5gくらい?まぁ適当に。蓋をすると大変なことになります。ティッシュを1、2枚かぶせて輪ゴムで止めるのがベストですかね?

さて、今回は加糖することにしました。以前はそれで失敗したからね〜。砂糖をペットボトルへ投入して拡販。それからドライイーストを投入。さて、どうなるか。明日からが楽しみだぁ。
posted by JSKS at 18:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理・レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。