2007年07月13日

スイーツに挑戦!?

相互リンクしているブログを眺めていたら、すごい記事に出会いました。

こんなに本格的なの作れるなんて・・・。

自分はあまりデザート料理を作ったことがないので、こういうことができる人はすごいと思います。マジで尊敬。

大学の研究室が夏休みに入って一段落したらチャレンジしてみようかなぁ。
ラベル:料理 デザート
posted by JSKS at 16:09| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ついに十回目!料理の雑学を紹介します

とうとうこのコーナーも十回目です。さてその記念すべきお題はこんにゃく。・・・ちょっと地味?


「トリビアの風」 第十回 -こんにゃく-



蒟蒻はサトイモ科の植物、もしくはその球根から作られる食品を指す。自分は昔、こんにゃくを豆腐と同じようなものだと思っていたら馬鹿にされた。市場に出回っているのは日本だけで、生産は群馬県がダントツ。カロリーがほぼゼロなので、ダイエット食品には欠かせないだろう。血糖値、コレステロールを下げる効果もあるので、身体を考えれば言うまでもなく最高峰の食品である。

ただし、灰汁を含んでいるため、一度煮立たせてこれを抜く必要がある。抜かずに食べると苦味が強く、あまり美味しくない。調味料もしみこみにくく、あの味を打ち消すのは至難の技と言えるだろう。

黒いこんにゃくと白いこんにゃくがある。昔はこんにゃくを作るとき、球根の皮ごと利用していたため、完成したこんにゃくは黒いつぶつぶを必ず含んでいた。現在では技術の革新を受け、皮を剥く手間がさほどかからない。そのため白いこんにゃくを作ることが出来るようになったのである。ところが、一部のマニアが「白い蒟蒻は蒟蒻じゃねぇ」と喚き騒いだため、ひじきを混ぜ合わせてワザと黒いつぶつぶを残した黒いこんにゃくが生まれた。予断だが、自分は真っ白のこんにゃくの方が好き。けれどやっぱりおでんには黒いこんにゃくが必須だとも思う。
posted by JSKS at 15:46| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理・雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

五分でできるダイエット料理☆

少々更新をサボリぎみでしたが、久々に料理をご紹介いたします。

すっごく簡単で美味しい、サイドメニューにぴったりの田楽です。

1.板こんにゃくを一センチ幅にカット。三分ほどお湯で煮立たせて灰汁を抜く。

2.茹で終わったらザルに開けて水気を飛ばす。冷えてきたらポリ袋やタッパに焼肉のタレ、こんにゃくを入れて冷蔵庫で一晩寝かせる。切込みを入れておくと、より味がしみこむ。漬け置きのベストな時間は不明。ただいま実験中。

3.食べたいタイミングで取り出し、軽くフライパンで焼く。焦げ目が付くか付かないかくらいを目安に。

4.皿に並べて甜面醤をかける。

甜面醤はそのままでも美味しいので漬け置きはやらなくてもOKです。自分は面倒くさがり屋なのでやらないことが多いかな?さらに面倒くさい方は焼かなくてもOK!ゆでたこんにゃくに甜面醤をかけて召し上がれ。
posted by JSKS at 15:43| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理・レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月10日

欠かさず続ける雑学紹介

本日も雑学紹介だけは怠けずにやりたいと思います。一度やめると惰性で怠けちゃいそうだし。

今日の夕食は回鍋肉の予定ですが、回鍋肉の雑学は以前に紹介しましたね。ということで、ここは回鍋肉の具材の1つ、ピーマンについて語ります。

今日の話はわりかし有名なので、すでに知っている方も多いと思います。そこはご勘弁を;


「トリビアの風」 第九回 -ピーマン-


カラーピーマンとパプリカの違いはあまり知られていない。違う食材だと認識している人もいるが、全く同じ植物である。唐辛子の一種であるピーマンは発育段階において名称が変わる。実が小さくて太さが一センチほどのものをしし唐、やや大きくなってきたものをピーマン、熟成して色が変わってきたものをカラーピーマン、完全に発達して実が固くなってきたものをパプリカと呼ぶ。

これらは育てば育つほどに甘みが出てきて、さらに栄養価も高くなる。ピーマンの段階ですでにレモン並みのビタミンCを含んでおり、当然パプリカレベルになればレモンを越す。生でも余裕で食べられるほど甘くもなる。

ちなみに、赤パプリカは料理初心者の間で鬼門として恐れられることが多い。その理由は赤パプリカを調理する際に包丁で手を切りやすいことにある。形状なのか、色なのか、論理的な理由は全くの不明だが、赤パプリカを切ろうとして指を切った人間をかなり知っている。ちなみに自分もその一人。皆様、ぜひご注意を。
posted by JSKS at 20:09| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(1) | 料理・雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ちょっとした愚痴

最近は研究室が忙しくなってきたので、料理に割く時間がありません。いえ、時間はあるのですが、家について九時とかだともうやる気が出ないというか・・・。

今日は簡単に回鍋肉を作ろうと思います。多分すぐには帰れないだろうから、そうだなぁ、食事を始めるのはやっぱり九時過ぎか。

そのぶん夜は散々遊ばせてもらってます。最近は新しいオンラインゲームを見つけてしまいました。ハマりそうでやばい。というより、もうハマってるのかな?中毒にならないよう気をつけます。
posted by JSKS at 19:59| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月09日

ホントは怖い・料理の雑学

はい、やってきました「トリビアの風」。今回はおなじみバター&マーガリンです。これは一人暮らしの方にはぜひ知っておいて欲しいことですね。甘く見てると・・・。ではどうぞ。


「トリビアの風」 第八回 -バター&マーガリン-


バターとマーガリンの違い、それは動物性か植物性かということ。マーガリンの方が安価で柔らかいため使い勝手が良いが、味はバターに及ばない。というのも、バターは熱を加えられて溶けると風味が引き立つが、マーガリンは逆に風味が死んでしまうから。マーガリンの風味は人工的なものであることがこの理由である。

バターには様々な種類があり、低脂肪牛乳で造られる低脂肪バター、ピーナッツバターなどが有名。もっとも、このピーナッツバターは牛乳を全く含んでいないためバターではない。あくまでも外観の話である。

植物性であるマーガリンの方が健康にいいと言われてきた。ところが、最近になってマーガリンの含む問題点が指摘されてきている。バター・マーガリンは共に脂肪酸を多く含む。この脂肪酸には飽和脂肪酸と、不飽和脂肪酸がある。バターは前者、マーガリンは後者が主。また、不飽和脂肪酸はシス型・トランス型を持ち、マーガリンはトランス不飽和脂肪酸にあたる。トランス不飽和脂肪酸は血糖コレステロールを増加させ、多量に摂取すると心臓疾患などに繋がる恐れがある。ちなみにコレステロールが溜まりにくいシス型の不飽和脂肪酸を持つ代表は森のバター「アボカド」。

マーガリンの語源はギリシャ語の真珠。ファットスプレッドもマーガリンの中まで油脂が80未満のものを指している。
posted by JSKS at 20:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理・雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

手軽に作れるおしゃれな鮭料理!

今日の晩御飯は結構な自信作。簡単なのにすごく美味しいMyベストメニューです。

もともとは別のブログで教えてもらった料理なのですが、いろいろと改良を加えて自己流にアレンジしてあります。ぜひお試しくださいませ!

それではレシピをご紹介♪

1.玉ねぎを薄く切る。焼き時間が少ないので、熱くなってしまったらレンジを使うのも手。

2.フライパンでバターをとかす。その上に鮭の切り身を乗っける。形が崩れないように。後のために両面だけでなく、背や腹の部分も軽く焼く。

3.全体的に薄く焼き色が付いたら一度取り出す。代わりに玉ねぎを投入。残っているバターと鮭の油で焼く。

4.玉ねぎを焼いている間に鮭の骨を取り出す。皮もはぐ。鮭の皮は食べられるので、食べたい人は食べやすい大きさに刻んで一緒に焼くと良い。

5.玉ねぎと一緒に鮭を炒める。かき混ぜながら鮭をほぐしていく感じ。あらかたほぐしたら酒を入れて蓋をする。蒸し焼きにするイメージ。

6.玉ねぎの水分が飛んできたら火を消して醤油をたらす。

7.器に盛り付け、マヨネーズ、パセリで味付け。


慣れるとパッパと作れちゃいますよ。ご飯はあるのにおかずと時間がない。そんなときに自分はいつも作っています。どうか皆様の口に合いますように☆
ラベル:レシピ 料理
posted by JSKS at 20:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理・レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月08日

魚の捌き方・第一回「鯵」♪

魚の捌き方・第一回「鯵」。では早速手順を紹介。

1.まずは頭を落とします。残しておいたほうが見た目はかっこいいのですが、何かと邪魔なのでとっとと落としたほうがいいです。えらの後ろから包丁を入れてください。骨は力ずくで断ちます。

2.おなかに切込みを入れて内臓を取ります。「気持ち悪い」という方、我慢してください。すぐに慣れます。とったワタは新聞に包んでから袋で縛ると臭いがもれません。

3.汚れを取ります。刺身にする場合はキッチンペーパーで腹の中を拭き、焼いたり揚げたりする場合は水でジャブジャブ洗っちゃってください。

4.ぜいごを取ります。ぜいごとは横っ腹に線状についている骨みたいなのです。尾の方から果物の皮をむくようにピピッと取ってください。

5.1〜4を反対の面で繰り返します。

6.いよいよ三枚におろします。尾の方に切り込みをいれ、包丁を水平にしたままスライドしていくだけです。背骨をレール代わりにすると簡単かな?(でこぼこしてるけど)。2で入れたお腹の切り込みも利用しましょう。

7.6をもう片方の面でやります。

8.骨をとります。ここが結構めんどくさいですね。毛抜きでも代用できますが、専用の道具の方がなにかと良いのでこの際に買ってしまいましょう。安いしw。

9.汚れをもう一度とってできあがり。皮が気になる人は軽くお湯をかけてください。するするっと向けるようになります。ただ、かけ過ぎると鯵が茹で上がってしまうので注意。

後は調理の仕方しだいですね。自分のオススメは棒寿司。なめろうにしても美味しいです。背骨の部分は片栗粉をつけて揚げると骨まで食べられるようになります。

文章だと非常に分かりづらいですね;;近日中に写真つきページを作成する予定ですのでしばしお待ちくださいませ。
ラベル:料理 レシピ
posted by JSKS at 15:21| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理・レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

和食の基本!魚を捌いてみませんか?

皆さんは魚を捌いたことってありますか?

「ない」という方で、料理がうまくなりたいならば、コレは絶対に習得しておいたほうがいい技術です。鼻歌を歌いながら一瞬で三枚おろしをやってのける、それが料理をする人の理想ですよね。

自分はプロの料理人というのにちょっと憧れています。というわけで、少し前に練習を始めました。まだ合計しても十尾程度しか経験はないですけど、人に見せられるぐらいは上達したと思います。

ここでは未経験の方を対象とした魚の捌き方を紹介します。

まずは何を捌くのか。初めての人にオススメするのは鯵です。中アジならば手ごろな値段とサイズなので、一番簡単だと思いますよ。そこから秋刀魚、カレイなどにステップアップしていきましょう。

ただ、包丁の扱いには普段以上に気をつけて下さい。包丁は出刃包丁や柳刃包丁をつかうのが普通です。自分は出刃をつかっていました。んで、一度おもいっきり指を切ったことがあります。すんごい深かったです。切り口を見てテンパりました。今でも少し恐怖が残っています。皆様はくれぐれもご注意を。

ちょっと長くなるので次の項に具体的な説明はまわします。魚の捌き方・第一回「鯵」。それでは次項で☆
ラベル:料理
posted by JSKS at 15:09| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 料理・レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月07日

ブログランキングに参加します!!

料理関連のブログを扱ったブログランキングに参加することにしました!料理のコンテンツが豊富なので、自分自身がいろいろなブログを飛び回っていますww。

ぜひ皆様もご利用くださいませ〜

にほんブログ村 料理ブログへ
posted by JSKS at 19:19| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。